善光寺白馬電鉄株式会社 トップページに戻る
会社概要

  運輸安全マネジメントの取組

 平成18年10月施行の改正道路運送法及び改正貨物自動車運送事業法により、旅客・貨物を問わず全ての運送事業者は、『運輸安全マネジメント』を導入し、『輸送の安全の確保』が最も重要であることを自覚し、絶えず輸送の安全性の向上に努めなければならないという安全確保義務が明確となりました。
 私たち善光寺白馬電鉄は、運輸安全マネジメントを導入し、『輸送の安全の確保』が最も重要であるという意識を経営トップから現場の乗務員まで浸透させ、輸送の安全に関する「計画の策定、実行、チェック、改善(P⇒D⇒C⇒A)のサイクル」を活用して、グループ全体の輸送安全の確保と向上を継続的に行うことにより、高安全・高品質な物流サービスをお客様にご提供いたします。
国土交通省:運輸安全マネジメント

(1)輸送の安全に関する基本的な方針 (平成25年度)

『「安全」は最良かつ最重要な基礎品質である。基礎品質たる「安全」の二文字を我が社のDNAに組み込み、「安全」を育む企業文化を創造しよう。』


(2)本年度の目標(平成25年度)

・労働災害:年間0件
・物損事故:年間22件以内


(3)事故に関する統計(平成24年度)

(PDF参照)


(4)輸送の安全に係わる処分(平成24年度)

・処分の内容:該当なし 
・処分に基づき講じた措置等:該当なし 





Copyright (C) 2013 Zenkouji-Hakuba Dentetsu Co.L.t.d All Rights Reserved.